ここから本文です

片山萌美 大胆告白「水着より手ブラのほうが安心」

東スポWeb 9月19日(月)15時48分配信

 東スポ本紙特集面「直撃!噂の美女」(7日付)に登場したばかりの女優・片山萌美(25=T170・B92・W59・H87)が19日、東京・新宿区の福家書店新宿サブナード店で、初の写真集「人魚」(集英社)発売記念イベントを行った。

 片山は「(写真集は)売れてる方が出すものだと思ってたので、自分にはまだ早いと思ってて、うれしいと同時に驚きの部分が大きかった」と笑顔で心境を打ち明けた。

 撮影は沖縄・石垣島で行われ、初めてグラビアを撮影してもらったカメラマン・唐木貴央氏が担当。2ミリ単位のポージング調整を何度も求められ、手ブラのカットでは見えそうになるほどの際どい“攻防”もあったという。

「ずっと撮っていただいている方なので、恥じらいはなかったです。手ブラも周囲の方から『攻めてる!』と言われましたが、水着よりも手ブラのほうが安心感があります。水着はずれたりするけど、手ブラなら大丈夫じゃないですか(笑い)」と女優魂を大胆に披露。写真集の出来を問われると「100点です!」と満足そうに語った。

最終更新:9月19日(月)15時48分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。