ここから本文です

(いちからわかる!)公的年金運用で赤字続き、支払いは大丈夫なの?

朝日新聞デジタル 9月19日(月)16時0分配信 (有料記事)

 ■別の財源もあるから当面OK。将来、厳しくなる可能性も
 アウルさん 公的年金が赤字になったそうだね。
 A 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF〈ジーピーアイエフ〉)の運用成績のことだね。GPIFは年金の保険料を積み立てて株式や債券(さいけん)を買って運用しているけど、今年4~6月期で約5兆2342億円の損失が出た。この「赤字」は2期連続だ。
 ア なぜ赤字に?
 A 運用比率の50%ほどを株式が占(し)め、世界的な株安が影響(えいきょう)した。株式の運用目標は2014年10月に倍増。それからの通算は初めてマイナスに転じ、計1兆962億円の赤字になる。……本文:1,649文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月19日(月)16時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。