ここから本文です

【予告編】50セントが描く現代NYの光と闇…Hulu配信「POWER/パワー」

cinemacafe.net 9月19日(月)19時0分配信

製作総指揮のカーティス“50セント”ジャクソンと、エミー賞常連ドラマ「グッド・ワイフ」のコートニー・ケンプ・アグボウが企画し手がけたTVシリーズ「POWER/パワー」。このほど、9月30日(金)からのHuluプレミア配信を前に、予告編がシネマカフェに到着した。

【写真】「POWER/パワー」 場面写真

本作は、魅惑的なニューヨーク・マンハッタンのクラブシーンと、残忍な麻薬取引という2つの別世界を舞台にしたクライム・サスペンス・ドラマ。スタイリッシュな音楽にハイブランドのファッションなど、贅沢が散りばめられたこのTVシリーズは、愛憎うず巻くスリルあふれるストーリーも見どころとなる。

全米で人気の有料放送チャンネルStarzのNo.1視聴率を誇り、2016年7月にシーズン3がアメリカで放送開始されるやStarz史上最高の視聴率を叩き出し、すでにシーズン5までの放送が決定。いま、飛び鳥を落とす勢いの本作の熱は世界にも広がり、現在175の国と地域で放送中、シーズンが進むにつれ、その範囲は広がっている。

さまざまな文化圏で視聴されることに関して、超人気ナイトクラブ「TRUTH」のオーナーにして、麻薬王“ゴースト”の顔を持つ主人公ジェームズ・セイント・パトリックを演じるオマリ・ハードウィックは、「犯罪ドラマと恋愛が絡んだ悲劇の配分が絶妙の脚本に出会えた。男性と女性、両方の視聴者が楽しめるし、惹きつけることができたと思う。複雑な構成を楽しんでもらえるだろう。シーズン1の撮影は特に大変だったけど、やりがいがあったし、一所懸命に取り組んだ結果が支持されることになったと感じている」と応じている。

さらに、本作は“人種のるつぼ”のアメリカが抱える人種間抗争問題も描き出し、ニューヨークの5つの区で撮影された。「登場人物たちの“光”と“闇”のストーリーだけではなく、風景からも“光”と“闇”を感じるように撮影されている。街の音や色にも注目して欲しい」と共演のナトゥーリ・ノートンは語る。また、彼女がオススメする注目のシーンは、ベッドシーンだそうで、「ただのサービス的なカットではなくて、必然性のあるシーンだから、とても意味を持つ内容になっている」と明かしている。

ニューヨークの“いま”をリアルに表現した本作。予告編映像では、オススメのシーンとともに大都会の“光”と“闇”の対比にも注目してみて。


「POWER/パワー」シーズン1は9月30日(金)より、毎週金曜日に1話ずつ配信予定(全8話)。

最終更新:9月19日(月)19時0分

cinemacafe.net