ここから本文です

「ブレイキング・バッド」クリエイター、新興宗教を題材にしたドラマに着手

映画.com 9月19日(月)19時30分配信

 [映画.com ニュース] 「ブレイキング・バッド」の企画・制作総指揮を手掛けたビンス・ギリガンが、米有料チャンネルHBO向けに新ドラマ「Raven」の企画開発を行っていると、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 1978年にガイアナで集団自殺事件を起こしたアメリカの新興宗教、人民寺院を題材にした実話もので、ノンフィクション本「Raven: The Untold Story of Jim Jones and His People」が原作。教祖のジム・ジョーンズの生い立ちから集団自殺に至るまでを、ミニシリーズで描く。制作総指揮は、ギリガンとともに「ブレイキング・バッド」を手掛けたミッシェル・マクラーレン、女優のオクタビア・スペンサーが務める。

 なお、米テレビ界ではO・J・シンプソン事件を描く「People v. O.J. Simpson」や、殺人容疑者を描く「The Jinx」や「殺人者への道(原題:Making a Murderer)」など、犯罪の実録ドラマがブームとなっている。

最終更新:9月19日(月)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。