ここから本文です

悪役か?「銃夢」実写に演技派ジャッキー・アール・ヘイリー

シネマトゥデイ 9/19(月) 14:00配信

 木城ゆきとのコミック「銃夢」の実写化映画『アリタ:バトル・エンジェル(原題) / Alita: Battle Angel』に、演技派ジャッキー・アール・ヘイリーが出演すると The Hollywood Reporter が報じた。

【写真】ジャッキー・アール・ヘイリー出演『ロボコップ』

 近未来を舞台にした同漫画は、スクラップの山から見つけ出され、ガリィと名付けられたサイボーグの少女が、記憶を失ったまま戦闘術を頼りに賞金稼ぎとして活動し、自らの過去を追っていくというストーリー。主役には『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』のローサ・サラザールが、イド・ダイスケに当たる医師イド・ダイソン役には『007 スペクター』のクリストフ・ヴァルツが決まっている。そしてこのたびジャッキーの出演が決定。役どころは明らかになっていないが、悪役である巨大なサイボーグを演じるだろうといわれている。

 製作はCG映像に長けた『アバター』(2009)などのジェームズ・キャメロン監督が務め、『シン・シティ』などのロバート・ロドリゲス監督がメガホンを取る予定。米テキサス州オースティンで10月からの製作開始をめどに動いているそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

最終更新:9/19(月) 14:00

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]