ここから本文です

武藤が今季2点目、原口フル出場のヘルタは開幕3連勝/ブンデス

ISM 9月19日(月)12時58分配信

 ドイツ・ブンデスリーガは現地時間18日に第3節の残り2試合が行なわれ、武藤嘉紀所属のマインツはアウェイで宇佐美貴史所属のアウクスブルクに3対1と勝利した。武藤は途中出場から今季自身2点目となるゴールを決めている。宇佐美はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

 マインツは7分にCKからコルドバのヘッドで先制。しかし後半に入った73分に、スタフィリデスのゴールで同点とされる。それでも2分後にブロシンスキのクロスからマリのヘッドで再び勝ち越すと、81分にはゴール前の混戦から武藤が押し込んでダメ押し。今季初白星を手にした。

 原口元気所属のヘルタ・ベルリンはホームで内田篤人所属のシャルケに2対0と勝利し、3連勝を飾った。原口はフル出場。内田は負傷により戦列を離れている。

 ヘルタは64分、ペカリクがスタンブリからボールを奪ってクロスを入れると、これを受けたヴァイザーのゴールで先制。さらに10分後、ヴァイザーのアシストからシュトッカーのゴールでリードを広げると、そのまま逃げ切って首位バイエルンと並ぶ3連勝を飾った。(STATS-AP)

最終更新:9月19日(月)12時59分

ISM

スポーツナビ サッカー情報