ここから本文です

豪栄道 初のストレート給金 カド番脱出も「まだ、これから」

スポニチアネックス 9月19日(月)7時1分配信

 ◇大相撲秋場所8日目(2016年9月18日 両国国技館)

 単独トップの豪栄道がストレート給金でカド番を脱出した。カド番大関の8連勝以上は14年名古屋場所の琴奨菊以来。「まだ、これから。勝ち越したので一番一番集中してやるだけ」と安心することなく緊張感を保っている。

 カド番脱出を懸けた一番は対戦成績で7勝9敗と分が悪い嘉風が相手。最初の立ち合いは呼吸が合わずに豪栄道が嫌った。それでも2回目はしっかりと踏み込み、相手の突っ張りに対応。右を差すと左上手にも手がかかり、胸を合わせて寄り切った。「(嘉風は)動きが激しいので、必死にいったら相手のペースになる」。その狙い通り、相手の動きをよく見て仕留めた。

 「先のことは考えずに」とゴールは見据えていないが、白星を重ねるごとに内容は良くなっている。カド番優勝を狙える態勢は整っている。

 ●嘉風 全勝の豪栄道に完敗。「何もできなかった。今場所は全然違う。隙がない」。

最終更新:9月20日(火)2時46分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。