ここから本文です

北朝鮮に「強力な圧力が必要」 日米韓の外相が共同声明

朝日新聞デジタル 9月19日(月)9時34分配信

 岸田文雄外相とケリー米国務長官、尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外相が18日、国連総会の出席などのために訪問している米ニューヨークで会談した。3氏は5回目の核実験を実施した北朝鮮について集中的に議論。「一層強力な国際的な圧力が必要」とする共同声明を発表した。

 共同声明では北朝鮮が核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返していることについて「複数の国連安全保障理事会決議を著しく無視している」と非難した。そのうえで、日米韓外相会談では「北朝鮮のミサイル・核計画の収入源を更に制限する方策」を検討したと説明した。

 会談後、岸田氏は記者団に対し、北朝鮮への日本政府独自の制裁について「あらゆる可能性を検討しつつ、今後の国際社会の対応も見ながら、最も効果的なタイミングで実施していきたい」と述べた。

 ケリー氏は「北朝鮮が朝鮮半島の平和への挑発行為をしなければ、対話をする用意がある」としつつも、「(北朝鮮が)直ちにすべきことは、いかなる挑発行為をやめ、核実験をしないことに同意することだ」と語った。

 尹氏は「挑発に相応する追加的な苦痛を加えなければならないという共通認識がある」とし、厳しい制裁が必要だとの考えを強調した。

 日米韓外相会談終了後、岸田氏は尹氏と別途会談した。岸田氏は防衛情報を直接共有する「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」の早期締結を念頭に、「日韓の安全保障協力をぜひ進めよう」と呼びかけた。

朝日新聞社

最終更新:9月19日(月)9時34分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。