ここから本文です

ガルパンの大洗 VS. プラウダ戦を再現!? 自走砲の神が降臨! 『World of Tanks』エキシビションリポート【TGS 2016】

ファミ通.com 9月19日(月)18時37分配信

文・取材:ライター カイゼルちくわ

●今年も熱いバトル盛りだくさんだった、Wargamingブースの締めくくり!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデー)。最終日のWargaming Japanブースにおいて、“『World of Tanks』スペシャルエキシビションマッチ”が開催された。

 TGS 2016の4日間、eスポーツを意識した会場セッティングのもと、さまざまな対戦イベントを開催してきた当ブース。『World of Tanks Blitz』や『World of Warships』の競技化への試みとなるイベントなど、観戦者をアツくするバトルが目白押しだった。

 バトルステージの締めくくりを務めるのはやはりこのタイトル、『World of Tanks』(以下、『WoT』)。APAC(アジア圏)を越え、世界の上位へも食い込みつつあるチーム、Caren TigerとB-GamingによるPC版『World of Tanks』のスペシャルマッチだ。

 また、マッチ開始前にはHead of Global Competitive Gaming(eスポーツに関するグローバル統括担当者)のモハメド・ファダル氏が登壇。APAC上位のチーム同士の対戦が見られるのを楽しみにしていたと、その期待を語った。

 さらに氏からは最新のニュースとして、『World of Tanks Blitz』初の国際トーナメントが月曜から開幕という発表が! ニューヨークでのチャンピオンシップ大会を目指し、日本からもぜひワールドチャンピオンを送り出してほしいと述べた。

●これが日本最高峰の戦い! 奇跡のワンショットも!?
 エキシビションマッチの採用ルールは、これまでのTGS 2016でのマッチと同じもの(詳細は下画像参照)。2本先取した側が勝利で、ラウンドが進むごとにより広く、射線が通りやすいマップになっていく点も同じだ。

 まずは第1ラウンド。Type 5 HeavyやE100といった重戦車をはじめ、全体的に高火力の重編成を採用してきたCaren Tiger。B-Gamingは超重戦車Mausを入れつつも、機動力を重視した編成で臨む。さらに両チームとも、自走砲を1両ずつ投入した。

 マップ中央で先に仕掛けたのが、Caren Tiger。重戦車を中心とした3両が突出し、広く展開して包囲戦への移行に備えていたB-Gamingの一瞬のスキを突く。

 Mausをはじめとする中央の主力を集中砲火で素早く倒し、周辺に広がっていたほかのB-Gaming車輌が合流する前に中央を制した。

 そこからは分散していた残存車輌を、Caren Tigerが確実に包囲して落としていく展開に。全7両が健在、さらに最後に残ったB-C 25 tには自走砲の射撃を直撃させて撃破するという、余裕の勝利をCaren Tiger側が決めた。

 第2ラウンドのマップはルインベルク。このマップでは、陣地が西の市街地にひとつあるのみ。どちらが先に押さえるか、それを東側を制して援護できるかが重要になるマップだ。

 試合開始直後、お互いの全車両がマップ東中央の十字路付近に殺到。障害物となる家屋が多い中で激しい撃ち合いが展開し、B-gaming側がやや優位に立った。

 Caren Tigerとしては何としても押し返したい。だが、家屋が邪魔でオートローダーでの4連射が可能な自走砲B-C 155 58の火力がなかなか発揮できない状態が続いてしまう。

 B-gamingが最初の遭遇戦で手にした優位を保ち続けて勝利。3分弱で全車両健在のまま勝利という、第1ラウンドと逆の圧勝で1ラウンドを取り返してみせた。

 1対1で迎え、客席も盛り上がる中での決戦の場となった第3ラウンド。マップはステップで、ゴーストタウンやルインベルクとは違って射線の邪魔になる建物がほとんどなく、自走砲が活躍しやすい。

 ここでCaren Tiger側は編成を大きく変え、重戦車のE100とT110E5、駆逐戦車のJgPzE100、さらに中戦車の中では装甲が厚めのE 50 Ausf. Mを採用。全体的に高火力、重装甲、低機動という、Caren Tigerが普段あまり使わないタイプの編成を選択した。

 なかなか遭遇することなく、陣取りをこつこつと進める両チーム。しかし試合開始から2分弱のところで、Caren Tiger側の自走砲G.W. E 100が敵に見つかって撃破されてしまう。

 Caren Tigerは自走砲を失いつつも、重編成を生かして陣地占領を開始。それを横目にB-GamingがCaren Tiger側のE 50 Ausf. Mを撃破したことで、マップ南側は完全にB-Gamingが押さえた。

 不利になったかと思われたCaren Tigerだが、陣地に入っている3両の戦車の装甲や火力の総合力は非常に高い。この利点を活かして各個撃破で反撃に出る。B-Gamingの車輌が占領を妨害しようと顔を出すと、途端に正確な照準で大火力が向くという、攻防一体の布陣を展開したのだ。

 B-Gamingが陣地へ向かうと、この3両に加えて北と南からも狙撃されるため、手出しができず、占領のカウントは着々と進む。B-Gamingが南北の狙撃手を処理しているうちに、カウントは残り3を切り、もはや占領でのCaren Tigerの勝利は間違いないかと思われた。

 だが、ここでB-Gamingの自走砲Obj. 261が、占領中の2両の車輌に対してワンショットで榴弾の範囲攻撃を当て、カウントを2両ぶんリセットするという、とんでもない神技を披露! 残り3だったカウントは一気に50まで引き戻され、Caren Tigerの占領勝利は大きく遠のいた

 この一撃で勢い付いたB-Gamingは、南北での敵の対処を追えて駆け付けた全車両で陣地を包囲。機動力を活かし、包囲してから大火力を浴びせかけて残存車輌を一掃し、2本先取でエキシビションマッチの勝利をつかみ取った。

●本当のフィナーレはここから! 大人げないWargamingチーム出陣!
 照準の正確さや当然のように行われる被ダメージの分担、さらには(自走砲の)神の一撃と、素晴らしい対戦を見せてくれた両チーム。だが今回のTGSバトルは、ここで終わりではなかった。

 見事勝利したB-Gamingには、この後のステージでウォーゲーミングの精鋭チーム“Wargaming Alliance”とへ挑戦する権利が授与されたのだ。

 その“Wargaming Alliance”の面々を率いるのは、まだガルパンTシャツを着たままのモハメド・ファダル氏。そしてB-Gamingから、対戦前に「アニメでは主人公が勝つことが決まっているので、僕らは負けません」と、何やら気になるコメントが飛び出した。

 はて? と首をかしげる観客に対して、いざ公開されたこの対戦の特別ルール。それはなんと、それぞれのチームの使用車両を、『ガールズ&パンツァー』で県立大洗女子学園 VS. プラウダ高校戦のものにするというとんでもない内容だった!

 何が大変かといえば、プラウダ側にはTier 6最強の戦車の一角である、高性能中戦車T-34-85が3両という点がまず恐ろしい。

 対するB-Gamingが使用する大洗女子学園の布陣は、Tier 7の重戦車Tiger(P)がいるものの、足の遅さと装甲への信頼に不安が残る車輌と言わざるを得ない。というより、同じTier 7の優秀な重戦車ISに対してはかなり不利。ほかの車輌に関しては、もはやISやT-34-85の前に立つわけにはいかないレベルのものまでいる。

 実際はどんなものかと、ついに始まった特別ルールマッチ。第1ラウンドはやや狭いゴーストタウンでの対戦だ。距離を置いてHetzerによる狙撃を活かして安全に戦いたいB-Gaming側には早くも不利なマップと言える。

 まずは南東側に固まって備えるB-Gamingに対し、Wargaming Allianceは容赦なく突撃。しかしここで突出したISが、的確な集中砲火で撃破され、しかもB-Gaming側のTiger(P)は健在という展開に。「まさか、いけるのか!?」。観客は固唾を飲んで見守った。

 しかし、近距離での撃ち合いに入ってしまうと、どうしても火力差が覆せない。M3 Lee、Hetzer、IV号戦車とつぎつぎに撃破されてしまい、3分ちょうどで敗北となってしまった。

 第2ラウンドのマップはルインベルク。西の市街地にひとつだけ陣地がある構造だ。うかつに会敵すれば即座にやられてしまうB-Gamingは、先のラウンドと同じようにマップ北東に固まっていく。

 だが、その動きを読んだWargaming Allianceは一目散に西の市街地に駆け込み、ISを陣地に入れて占領開始。市街地に入って占領を妨害するための侵入ルートは限られており。そこに高火力の砲で待ち伏せを敢行。地獄のような陣形を大人げなく整え、そのまま占領を成功させて勝利を収めた。

 こうしてロシアの力で無慈悲の2本先取したWargaming Allianceだが、時間もあるということで、最後に1ラウンドのみ、先ほどまでのエキシビションと同じ普段通りのルールで対戦することに。

 いつもの車輌をしっかり選び、そして観客からの「Wargaming Allianceをこらしめてやってくれ!」という祈りを背負い、B-GamingがTGS 2016での最後の戦いに出陣!

 堅牢なIS-7に陣地を占領させ、周囲でしっかりサポートできる編成を組んできたB-Gamingは、もちろん開幕から周囲を偵察して警戒しつつ、北東の陣地付近を目指す。

 しかし、うかつに占領を始めれば、「占領のために1両以上自由に動けない状態にしている」ということが相手にばれ、突撃のいいタイミングを与えてしまう。陣地付近で中には入らず小競り合いを続けるうちに、残り試合時間は3分を切った。

 だが、このタイミングでマップ中央付近での遭遇戦が発生。ここでの撃ち合いを制したB-Gamingは、そのままマップ中央と北東、そして待機していた南の別動隊と、3方向から残存車輌を一気に囲んでいった。

 残り時間3秒というところで、Wargaming Allianceの最後の車輌、駆逐戦車JgPzE100を撃破。TGS 2016最後の対戦は、B-Gaming側の勝利で幕を閉じた。

 結果としてはトンデモルールでの盛り上がりと、Wargaming Allianceがちょっとしたヒール(悪役)になってくれたことで、観客席の盛り上がりは最高潮に達した。これもすべて、あのモーさんの計画通りだったのだろうか……?

 最終日、これまでの4日間の対戦イベントを締めくくるにふさわしく、観客席ともども大いに盛り上がった『WoT』スペシャルエキシビションマッチ。

 今後はこの『WoT』だけでなく、『World of Tanks Blitz』や『World of Warships』でもこの盛り上がりが体感できるかも知れないと思うと、胸が熱くなる。今後さらに積極的になっていくであろう公式イベント情報を、ぜひ見逃さずチェックしてみてほしい!

最終更新:9月19日(月)18時37分

ファミ通.com