ここから本文です

元アルゼンチン代表FWサビオラ、アンドラのクラブで指導者に

GOAL 9月19日(月)23時35分配信

元アルゼンチン代表FWハビエル・サビオラ(34)が、アンドラのクラブ、オルディノで指導者となる道を歩み始めた。

リーベル・プレートに所属していた2001年にU-20ワールドカップ優勝達成&得点王に輝き、その後バルセロナ、モナコ、セビージャ、レアル・マドリー、ベンフィカ、マラガ、オリンピアコス、エラス・ヴェローナを渡り歩いたサビオラ氏。2015年にはリーベル・プレートに復帰したが、ほぼプレーすることなく今年1月に退団していた。

サビオラは友人を介してオルディノの会長とコンタクトを取り、同クラブのトップチームの助監督を務めることになった。18日のルシタノス戦(0-1)では、早速ベンチに座っている。ただ今後、選手として試合に出場する可能性もあるようだ。

サビオラはオルディノで、トップチームの助監督を務めながら、選手育成のノウハウを学んでいくことを目標としているという。

GOAL

最終更新:9月19日(月)23時35分

GOAL