ここから本文です

ホリプロTSCグランプリに小6・柳田咲良さん 石原さとみ祝福に感激

東スポWeb 9/19(月) 16:32配信

 今をときめく深田恭子(33)、石原さとみ(29)らを輩出した名門ミスコン「第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン PURE GIRL 2016」が19日、都内で行われ、小学6年生の柳田咲良さん(12=栃木県出身)が史上最年少でグランプリに輝いた。賞金100万円が贈られた柳田さんはホリプロ専属契約を結び、角川映画にヒロイン役で出演する。また、中学1年生の三浦理奈さん(12=滋賀県出身)が審査員特別賞を受賞した。

 応募総数2万4794人の頂点に立った柳田さんは、受賞の瞬間思わず涙を流し「ほかの子が美人で演技もうまいし、勝てなかったらどうしようと不安だった。この場に立っているのが信じられない。取ったからには落ちちゃった子たちのためにも頑張りたい。どんな役でも感動させられるようなすごい女優になりたい」と抱負を述べた。

 会場には憧れの石原が駆けつけた。石原は「本当にキラキラしている。今は漠然としているかもしれないけど、この瞬間に人生が180度変わったんだと思う。ご両親も芸能人の親になった瞬間。貴重なことだと思う」と言葉をかけた。

 そして「うれしいことも楽しいことも、悔しいこともつらいことも、悲しいことも情けなくなることもたくさんある。その時、誰がそばにいてくれるかというのを大事にしてほしい。苦しい時ほど家族を大切に、友達に素直にしてほしい」と自身の体験を踏まえてアドバイスを送った。

 柳田さんは石原の登場に「近くで見るとテレビより全然きれい」と素朴な本音を漏らし、石原は照れ笑いを浮かべた。

 小菅品世実行委員長は「リハより本番の方がよかった。何をしでかすかわからない爆発力がある。かわいいも格好いいも、いろんな色に染まる可能性を持っている」と才能を絶賛。先輩に続くスターに成長できるか。

最終更新:9/19(月) 16:48

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]