ここから本文です

韓国サムスン電子、ASMLやシャープなど4社の保有株売却

ロイター 9月19日(月)16時22分配信

[ソウル 18日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は18日、オランダの半導体製造装置大手ASMLホールディング<ASML.AS>や米ハードディスク駆動装置(HDD)大手シーゲイト・テクノロジー<STX.O>など4社の保有株式を売却したことを明らかにした。中核事業向け投資資金の確保が狙い。

同社の声明によると、ASML株は約半分を売却、シーゲイト株は保有する4.2%すべてを売却した。

このほか、シャープ<6753.T>の株式0.7%と米半導体開発ラムバス<RMBS.O>の株式4.5%もすべて売却した。

サムスン電子の広報担当者はロイターに対し、株式の売却益が総額1兆ウォン(8億8885万ドル)を超えたと明らかにしたが、売却の時期など詳細には言及しなかった。

9月8日にロイターが入手したタームシート(条件規定書)によると、ASML保有株の約半分の売却額は6億0600万ユーロ(6億7599万ドル)。

ラムバス、シーゲイト、シャープの保有株は16日終値に基づくと総額4億5640万ドル。

サムスン電子は「これらの企業との業務提携に影響はない」としている。

最終更新:9月19日(月)16時22分

ロイター

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。