ここから本文です

横浜の傾きマンション、建て替えへ 住民決議で賛成多数

朝日新聞デジタル 9月19日(月)11時5分配信

 横浜市都筑区のマンションが傾いた問題で、マンションの管理組合は19日、住民による建て替え決議集会を開き、賛成が建て替えに必要な全所有者の5分の4を超えたことを明らかにした。これにより、全4棟の建て替えが正式に決まった。来春にも解体作業が始まり、2020年秋ごろに完成する予定だ。

 14年11月、住民が二つの棟をつなぐ廊下の手すりがずれていることを指摘し、1棟で傾きが発覚。翌年9月、傾いた棟の杭6本が「支持層」と呼ばれる強固な地盤に届いておらず、ほか2本も打ち込み不足だったことが判明した。さらに、この棟と他の2棟の杭70本で、施工記録やセメント量のデータ改ざんが発覚した。

 市は今年8月、傾いた棟が中規模地震で柱などにひびが生じる可能性があるとして、販売元の三井不動産レジデンシャルと元請けの三井住友建設に対し、建築基準法に基づいて是正勧告を出している。

朝日新聞社

最終更新:9月19日(月)11時5分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。