ここから本文です

メルケル独首相、首都議会選でも敗北 右派躍進

ロイター 9月19日(月)17時12分配信

[ベルリン 18日 ロイター] - ドイツの首都ベルリン特別市(州と同格)で18日行われた議会選では、メルケル首相率いる与党・キリスト教民主同盟(CDU)の得票率が前回から大幅に低下し、4日のクレンブルク・フォアポンメルン州議会選に続く大敗を喫した。

メルケル首相の難民政策が有権者によって拒否され、難民受け入れ反対を標榜する右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が約14%の票を獲得。これで16州のうち10州で議席を得た。

CDUの得票率は18%程度と1990年並みとなり、前回2011年の23.3%から大幅に低下した。

連邦政府での連立相手である社会民主党(SPD)の得票率は22%程度となり、前回の28.3%を下回ったが、第1党の座は維持した。現在の特別市でのCDUとの連立を解消し、得票率をやや下げて15%強となった緑の党や、4%上げて16%弱となった左派党との連立を模索するとみられている。

ドイツでは総選挙を来年に控えており、これでAfDが連邦レベルでも議席を獲得する可能性が高まったとみられている。

最終更新:9月19日(月)17時12分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。