ここから本文です

『ドラゴンボール ゼノバース2』ステージで初の6人協力プレイを披露! ダンディ坂野さんが“ゲッツ”で操気弾【TGS 2016】

ファミ通.com 9/19(月) 20:57配信

文・取材:ライター 西川くん、撮影:カメラマン 曽根田元

●多彩なシチュエーションが同時進行する、白熱のバトルを展開!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催されていた東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。最終日の18日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントブースのメインステージにて、“PlayStation祭 『ドラゴンボール ゼノバース2』”ステージが行われた。

 本ステージには、『ドラゴンボール ゼノバース2』の平野真之プロデューサーと、“ドラゴンボールゲーム宣伝大使”のダンディ坂野さんが登壇し、本作の魅力を改めて解説したほか、6人協力バトルの実機プレイの初披露も実施された。今回はその模様をリポートしていこう。

 東京ゲームショウ最終日ということで、平野Pは4日間を振り返り「大きな期待を感じつつ、大きなプレッシャーも感じております」と、ファンからの反応を間近で体感していることを語る。そのあとは、本作を改めてご紹介。プレイヤーはタイムパトローラーとなり、改変されていく『ドラゴンボール』の歴史を守っていく。プレイヤーキャラクターは自由に作成することができ、衣装も前作よりも豊富になっているとのこと。

 そんな自由度の高いキャラクターカスタマイズを、ダンディ坂野さんが実演プレイ。自身を模したキャラクターに、お気に入りであるベジータの戦闘服を着てみたり、ロビーに使用するエモーションで「ゲッツ!」をしたりと、本作のカスタマイズを楽しんでいた。

 続いては、初公開となる6人協力プレイを披露! 今回プレイを披露する6人は、バンダイナムコゲームスと、本作の開発会社であるディンプスの社員たち。『ドラゴンボール』キャラクターになりきって、壇上に登場した。

 今回6人で挑むのは、大猿ベジータ。また、さきほどのダンディ坂野さんもプレイヤーキャラクターとして参加している。いざスタートすると、6人で気弾や、かめはめ波を打ち込んでいくのだが、なんといきなりダンディ坂野さんのキャラクターが大猿ベジータに洗脳されてしまう!本来より強力となっている大猿ベジータはプレイヤーのひとりを洗脳し、ほかのプレイヤーの敵になってしまうのだが、ほかのプレイヤーが戦っているあいだ、洗脳されているプレイヤーは自分自身の心と戦うことで洗脳が解除されるようだ。

 しかし洗脳されているあいだもほかのプレイヤーは大猿ベジータとのバトルをくり広げており、さらに大きな気弾が地球に撃ち込まれ、それを仲間たちとくい止めなければいけない“エキスパートミッション”が発生! 大猿ベジータとのバトル、洗脳された仲間の復活、巨大な気弾の阻止と、いくつもの展開が同時発生し、目まぐるしいバトルがくり広げられる! ちなみに、複数人で大猿ベジータの弱点でシッポを掴むと、うまく戦えることも平野Pが明かしていた。

 また、ダンディ坂野さんのキャラクターの必殺技はヤムチャの操気弾で、気弾を指で操りながら、ダンディ坂野さんが「ゲッツ! ゲッツ!」とアテレコ(笑)。そして、目まぐるしい展開が続くと、仲間たちもどんどん倒されてしまい、ついにはダンディ坂野さんのキャラクターも倒されてしまう。しかしなんとか復活させて、みごとに大猿ベジータを撃破!

 実機プレイのあとは、先日発表されたオープンベータの日程を改めてご紹介。さらに、ここで初回封入特典として、“PlayStation Plus”の7日間無料体験ができるとのことが初披露された。これで未加入のプレイヤーも、購入から7日間のあいだは、自由にマルチプレイが楽しめるようだ。なおオープンベータは、“PlayStation Plus”に加入していなくても参加できる。

関連記事
『ドラゴンボール ゼノバース2』オープンβテストが10月8日より実施決定、“天下一武道会”も開催

 イベントの最後には、平野Pが「オープンベータも含めて、いち早く遊んで頂いてみなさんの意見を貰いたいです。このゲームは発売後もどんどん意見を取り入れて、良いゲームにしていきたいと思っています」と、コメント。敏腕タイムパトローラーになりたい人は、ぜひ10月8日より開始されるオープンベータに参加し、どんどん意見を送ってみよう。

最終更新:9/19(月) 22:19

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]