ここから本文です

ワトフォードにも敗れたマンチェスター・U、モウリーニョは「私に審判をコントロールすることはできない」

GOAL 9月19日(月)0時33分配信

18日のプレミアリーグ第5節、マンチェスター・ユナイテッドはワトフォード戦に臨み1−3で敗れた。ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、ワトフォードのFWアントニー・マルシャルが先制点を決めた際にファウルがあったとしながらも、それが取られなかったことに憤りを表している。

ポルトガル人指揮官は、イギリス『BTスポーツ』とのインタビューで次のようにコメントしている。

「議論も論争も必要ない。状況は明確だった。先週のマンチェスター・シティ戦と同様に、今日もそういうことがあった。だが私に主審と副審をコントロールすることはできない。彼らはコントロールできる範囲の外にいる。彼らに批判的であることさえもできないんだ」

ユナイテッドはこれで公式戦3連敗と、混沌に陥っている。

「望む結果が手にできなければ不安を覚える。状況は明確だ。自チームのプレーに満足はしていない。最初の30分のプレーは良くなかった。それはコントロール可能なことだ。チームは働き、改善されなくてはならないが、先にも言ったように主審と副審は私にはコントロールできない。それは私が改善できることではないんだよ」​

GOAL

最終更新:9月19日(月)0時34分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合