ここから本文です

10月1日から秋の特別開扉 秘仏や秘宝公開

京都新聞 9月19日(月)21時0分配信

 京都府木津川市の寺社で、通常非公開の秘仏や秘宝が公開される秋の特別開扉が10月1日に始まる。薬師如来坐像を公開する同市鹿背山の西念寺が初めて加わり、計13寺社が対象となる。
 市観光協会が毎年開いている。同市山城町の蟹満寺では江戸時代の涅槃図(ねはんず)が、同市加茂町の海住山寺では本坊庭園が通常非公開だが、見学できる。最短で3日間限定などと公開日程は寺社によって異なる。問い合わせは市観光協会TEL0774(73)8191。
 11月には、1966年製のボンネットバスで奈良駅を出発するバスツアーが組まれている。16、22、28の各日に4カ所を巡る。拝観料と昼食代込みで9300円。申し込みは奈良交通TEL0742(22)5110。
 参加寺社は次の通り。
 大智寺▽安福寺▽御霊神社▽西念寺▽海住山寺▽現光寺▽旧燈明寺▽西明寺▽高田寺▽岩船寺▽浄瑠璃寺▽蟹満寺▽神童寺

最終更新:9月19日(月)21時0分

京都新聞