ここから本文です

洞ノ上、スパート及ばす=車いすマラソン〔パラリンピック〕

時事通信 9月19日(月)5時48分配信

 男子車いすマラソンの洞ノ上は、3位争いの集団でいい位置につけたが、残り1.5キロのラストスパートで力尽き7位。強烈な日差しが照りつける中、疲れが出たという。北京、ロンドンに続く出場に「3大会で一番銅に近かったが、届かなかった。持ち前のスタミナを発揮できなかった」と悔やんだ。
 リオ入り後、40度を超える発熱が続いて練習できなかった。「気持ちが押しつぶされそうになったが自分を信じて走った」。次の東京大会に向けては「自分が譲るつもりはないが、どんどん若い人が来るような時代になればいい」。後進の育成にも取り組む42歳は、4年後を見据えた。(時事)

最終更新:9月19日(月)5時55分

時事通信