ここから本文です

<台風16号>九州上陸の恐れ 20日正午までに300ミリ

毎日新聞 9月19日(月)11時37分配信

 非常に強い台風16号は、19日午前10時には鹿児島県徳之島の北西にあり、時速約20キロで東北東へ進んでいる。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。19日夜遅くから20日未明にかけて九州に接近、上陸する恐れがあり、気象庁は暴風や大雨、高波、高潮に警戒するよう呼びかけている。

 気象庁によると、20日正午までの24時間に予想される雨量は、九州地方で300ミリ、四国地方で250ミリ、中国地方で120ミリ。20日に西日本から東日本の太平洋側を進み、21日には温帯低気圧に変わる見込み。【デジタル編集部】

最終更新:9月19日(月)11時37分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。