ここから本文です

台風16号、九州南部上陸へ=大雨暴風に厳重警戒―20日、太平洋側東進・気象庁

時事通信 9月19日(月)6時30分配信

 非常に強い台風16号は19日夜、鹿児島県・屋久島の西海上を東北東へ進んだ。

 19日深夜から20日未明にかけて九州南部に上陸する見込み。西・東日本に停滞する前線も活発化し、気象庁は大雨や暴風、高波に厳重な警戒を呼び掛けた。16号は20日には四国や近畿、東海、関東の太平洋側を東へ進み、21日に関東の東海上で温帯低気圧に変わる見込み。

 気象庁は、愛知県岡崎市では19日午後5時までの1時間に約110ミリの雨が降ったとの記録的短時間大雨情報を発表。静岡県富士市では同4時25分までの1時間に70.0ミリの非常に激しい雨が降った。両市には土砂災害警戒情報が出された。河川の増水や低地の浸水にも警戒が必要。16号が上陸すれば、今年6回目の台風上陸となる。

 20日午後6時までの24時間雨量は多い所で、九州と四国、近畿300ミリ、伊豆諸島200ミリ、奄美と中国、北陸、東海150ミリ、関東甲信120ミリ。その後、21日午後6時までの24時間雨量は、近畿と東海、関東甲信、北陸、伊豆諸島の多い所で100~200ミリと予想される。

 20日にかけての最大瞬間風速は九州南部60メートル、奄美と四国45メートル、九州北部と近畿35メートル、東海30メートル。波の高さは6~9メートルの見込み。

 16号は19日午後6時、屋久島の西約140キロの海上を時速30キロで東北東へ進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北西側330キロ以内と南東側260キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

最終更新:9月19日(月)19時15分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。