ここから本文です

【セントライト記念】東は皐月賞馬の威厳!マジェスティ横綱相撲

スポニチアネックス 9月19日(月)7時1分配信

 春の牡牝クラシックホースが2冠制覇へ向け秋初戦を飾った。「第70回セントライト記念」は18日に中山競馬場で行われ、蛯名騎乗の皐月賞馬ディーマジェスティが1番人気に応えて快勝。菊花賞(10月23日、京都)獲りに王手をかけた。

 秋のV始動を祝福する表彰式の真ん中で、蛯名が満足そうな笑みを浮かべている。「強気な競馬をしたけど、耐えてくれた。あとは菊花賞本番まで順調にいってくれればいい」。皐月賞馬ディーマジェスティの2冠獲りに王手をかける完勝劇だ。春の追い込み策から一転、大外を回って4角先頭の横綱相撲。直線では追いすがるゼーヴィントを首差ねじ伏せた。

 「ダメージを残したくなかったので相手を待ってから追いだしたんだ。次(菊花賞)に余裕を持って行きたいから」。大一番へお釣りを残しながらトライアルを勝つ。セントライト記念最多5勝目を挙げた名手のG1必勝術。傍らでは二ノ宮師も満足そうに振り返る。「順調さを欠いた春に比べて調整しやすかったが、ここまで(調教は)目いっぱいやっていない。完全に仕上げてないのにこういう脚を使ってくれた」。G1・7勝トレーナーも菊花賞にお釣りを残しながら調整を重ねてきた。

 駿馬は3歳のひと夏に少年から青年に成長する。「(ダービー3着から)4キロ増の馬体重以上に、体の芯がしっかりしてきた。特にトモ(後肢)。もっとパワーが付くかもしれない」。同師は口取り(優勝記念撮影)を終えて厩舎へ引き揚げる皐月賞馬を頼もしげに見送った。

 トライアルでは体と共に心の成長も示した。スタート直後、マウントロブソンに寄られて最後方まで下がるアクシデント。ひるむそぶり一つ見せずに、馬群の後ろで完璧に折り合えた。「メンタルも強くなっている。どういう展開の競馬でも対応できるだろう」と師は続けた。

 同期のライバル、ダービー馬マカヒキが挑む凱旋門賞を来年以降の宿願にして臨む国内戦。「走りはディープ、体はブライアンズ」。蛯名が口にする血統を体現して2冠獲りに王手をかけた。父ディープインパクト譲りの軽いフットワークと母の父ブライアンズタイムの重厚な馬体。皐月賞馬のマジェスティ(威厳)を保ったまま大一番に向かう。

 ◆ディーマジェスティ 父ディープインパクト 母エルメスティアラ(母の父ブライアンズタイム)牡3歳 美浦・二ノ宮厩舎所属 馬主・嶋田賢氏 生産者・北海道新ひだか町の服部牧場 戦績7戦4勝 総獲得賞金2億8543万2000円。

最終更新:9月19日(月)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。