ここから本文です

川崎FW大久保 痛すぎる頭突きの代償

東スポWeb 9月19日(月)16時44分配信

<サッカー情報局>

 サッカー担当記者:J1川崎のFW大久保嘉人(34)が、17日の大宮戦でファウルを受けた報復で相手に頭突きして一発退場。これでJ1通算12度目で元名古屋のFWドラガン・ストイコビッチ氏(51)に次ぐワースト2位です。

 デスク:次の横浜M戦(25日)の出場停止は決まりだし、規律委員会の裁定によっては、出場停止が1~2試合追加される恐れもあるな。それにしても第2ステージ優勝争いの佳境にエースを欠くのは痛すぎ。第1ステージのように終盤の失速でまたもタイトルを逃す結果になりかねないぞ。

 記者:タイトルの行方もそうですけど、前人未到の4年連続J1得点王も大ピンチです。残り5試合で3点差をつけられているトップのFWピーター・ウタカ(32=広島)を追いかける展開になるはずでした。大久保本人は何も話していませんでしたが、厳しい状況になりました。

 デスク:頭突きの代償はあまりにも大きいってことだな。昨年は得点ランキングトップを走っていた10月に退場処分を受け1試合の出場停止。個人タイトルを確保できたけど、今季はこうなった以上、さすがの大久保でも追い抜くのは厳しいと言わざるを得ないよ。

 記者:サッカーに限らずですけど、やっぱりイライラしたとしても冷静さだけは失わないようにしないといけませんね。

最終更新:9月19日(月)18時11分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。