ここから本文です

『仁王』にシブサワ・コウ氏が一発チャレンジ! 会場全体が手に汗握る、信貴山城ステージを実機初披露【TGS 2016】

ファミ通.com 9/19(月) 23:22配信

文・取材:ライター 西川くん、撮影:カメラマン 曽根田元

●安田Dもクビを覚悟の下剋上!?
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。最終日の18日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントブースのメインステージにて、“一遊入魂『仁王』”ステージが行われた。


 このステージでは、いよいよ来年2月9日に発売を予定しているコーエーテクモゲームスの『仁王』を、スペシャルゲストが生チャレンジするという趣向。新ステージや新敵キャラクターも初の実機映像がお披露目となり、会場を大きく沸せていた。実機プレイを披露する前には、『仁王』のディレクターを務める、早矢仕洋介氏と、安田文彦氏が登壇し、本作の魅力を紹介した。


 そして今回挑戦するのは、ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏! 「コーエーテクモゲームスの中でいちばん自分がへっぽこなんですけど(笑)」と謙遜しながらも、そのゲーマーぶりのウワサは業界随一のシブサワ・コウ氏が、今回、試遊版とは違う新公開のステージに挑む。安田Dは「今回はクビになる覚悟で、難しいビルド(バージョン)のステージを用意しました!」と、シブサワ・コウ氏を落命(ゲームオーバーのこと)させる気マンマン!


 そして挑戦するミッションは“女郎蜘蛛を撃破せよ!”ということで、このステージで初の実機プレイ公開となるボス“女郎蜘蛛”が登場する、信貴山城ステージ。早矢仕氏は「といっても、そこまで行ければの話ですけどね(笑)」と、シブサワ・コウ氏のプレッシャーを掛ける。シブサワ・コウ氏も「精一杯頑張ります!」と、意気込み十分の様子だった。

 まずシブサワ・コウ氏はオプションで自分のやりやすいよう、カメラ設定などを変更しはじめるところからスタート。さらに装備やスキルを見直したり、ステータスをアップしたりと、ワンプレイに込めた本気具合がうかがえた。ちなみにシブサワ・コウ氏は武器の中では二刀流が好みということで、装備は二刀流、構えは上段をメインに挑む。

 そして最初に出会ったのは、刀を持ったオーソドックスな足軽の敵“骸武者”。ガードを固めながら近づいては攻撃していくものの、気力がなくなりガードを崩され、大ピンチ! まさかここで落命……!? というところで、なんとか追撃を決めて、最初の敵を倒すと会場からは大きな拍手がわきあがる。シブサワ・コウ氏も「よかったぁ~……」と、安堵の表情を浮かべていた。


 おつぎは弓矢を持つ敵兵が出現。一瞬の油断で落命してしまうだけに、独特の緊張感が漂う。そしてなんとか敵を撃破すると、またもや拍手喝采(笑)。安田Dが「毎回拍手を貰ってるのがスゴイ(笑)」と言うくらい、ステージの緊張感は凄まじいものだった。

 続いて登場したのが、初の実機披露となる蜘蛛型の敵。シブサワ・コウ氏も初めてみたようで「なんだコイツ!?」と、素早い攻撃とクモ糸による攻撃で、かなり混乱しているようだった。ちなみにクモ糸攻撃は食らってしまうと身動きが取れなくなり、そのまま一気に落命してしまう場合もあるのだとか。

 体力ギリギリのとこで蜘蛛を撃破すると、さらに小型のクモが数匹に、大型のクモまで出現! 思わずシブサワ・コウ氏は「やだやだ! うわー、逃げろ逃げろ! 向こう行け!」と逃げ出し、会場の笑いを誘っていた。しかし戦法としては正解のようで、クモ型の敵はあまり深くまでは追ってこない様子。遠距離武器の大筒で細かくダメージを奪っていき、この局面をくぐり抜けた。ちなみにその大型クモのそばには、早矢仕Dと、プロデューサーの鯉沼久史氏の血刀塚(倒されてしまった印のようなもの)があり、おふたりは以前ここで落命していたことがバレてしまう(笑)。


 そしてクモ糸が張り巡らされた信貴山城の天守閣に行くと、いよいよボス・女郎蜘蛛が出現! しかし、距離を詰められ壁に追い込まれると、ものの数十秒であえなく落命! 残念ながら挑戦は失敗となってしまった。シブサワ・コウ氏は「ボスとなると気持ちが焦っちゃって、もっと冷静に戦えばよかった」と、自身のプレイを振り返る。ちなみに安田Dから、「リハーサルでは最初のザコにやられていたので、ボスを見せられてよかったですよ(笑)」という暴露も飛び出していた。

 いよいよステージも終了の時間へ。シブサワ・コウ氏は「『仁王』は最初、敵を倒すのが難しいかもしれません。でも、1歩1歩進んでいき、最後にはボスを倒せるくらい自分の腕が伸びていきます。残念ながら女郎蜘蛛に負けてしまいましたが、私もこれから何回もチャレンジして、クリアーできるようにがんばります!」とプレイヤーとして、本作楽しみにしていることを語った。“戦国死にゲー”の名に相応しい難易度を誇る『仁王』が体感できた本ステージ。2017年2月9日の発売が楽しみ!

[関連記事]『仁王』の女郎蜘蛛にシブサワ・コウ氏が挑戦 “戦国死にゲー”で、“圧倒的な達成感”は味わえたのか?【TGS 2016】

最終更新:9/19(月) 23:22

ファミ通.com