ここから本文です

会津の魅力、可能性PR 若松で県内初「テデックス」

福島民報 9/19(月) 9:38配信

 価値のあるアイデアをネットなどを通じて世界に発信するイベント「TEDx(テデックス)」は18日、福島県会津若松市の末廣酒造嘉永蔵で開かれ、地元や国際的に活躍する8人が会津の魅力や可能性を紹介した。県内初開催で、東北地方では仙台市に次いで2カ所目。
 会津大3年の杉井雄汰さんら有志で組織するテデックス会津若松の主催で、約100人が参加した。会津伝統野菜の生産・消費拡大を目指す会津若松市の農業長谷川純一さんらが1人18分間でそれぞれの体験や会津への意見を発表した。
 長谷川さんは会津伝統野菜や江戸時代に記された会津農書の素晴らしさなどを語り、「福島県に足を運び、食べることから協力してほしい」と呼び掛けた。発表は動画投稿サイト「ユーチューブ」で発信される。
 テデックスは米国で1984年に始まった。事務局が認定した団体が地方でテデックスを開いている。日本でも東京都など約20カ所で開催している。

福島民報社

最終更新:9/19(月) 12:18

福島民報