ここから本文です

「セッション」監督の最新作がトロント国際映画祭で観客賞を受賞

映画ナタリー 9月19日(月)13時26分配信

「セッション」のデイミアン・チャゼルが監督を務めた「La La Land(原題)」が、カナダ現地時間9月18日に閉幕した第41回トロント国際映画祭で観客賞に輝いた。

本作は、ジャズピアニストのセバスチャンと女優志望のミアの恋模様を描いたミュージカル映画。セバスチャンを「ドライヴ」のライアン・ゴズリング、ミアを「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のエマ・ストーンが演じる。なおストーンは本作での演技が評価され第73回ヴェネツィア国際映画祭で女優賞を獲得した。

「La La Land」は2017年2月より東京・TOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国ロードショー。

最終更新:9月19日(月)13時26分

映画ナタリー