ここから本文です

ロペス、延長10回、サヨナラ弾 DeNA、CS進出王手!

デイリースポーツ 9月19日(月)9時0分配信

 「DeNA6-3広島」(18日、横浜スタジアム)

 今季51回目の大入りとなったファンの夢を乗せた白球は、左翼スタンドに達した。延長十回。2死から作った一、三塁の好機。DeNA・ロペスが29号サヨナラ3ラン。唯一CS出場のない球団が、悲願へついに王手をかけた。

 「勝つことが一番大事。勝利に貢献できたことがうれしいよ」。ヒーローは表情を緩めずに話した。六回は一時逆転となる2ラン。2発5打点の大暴れだ。

 8月は絶不調だったが、7試合連続無安打で迎えた同25日の阪神戦(横浜)が転機となる。不振の助っ人をラミレス監督は、5番から3番への打順変更で再生を図った。

 以来21試合で85打数26安打、打率・306、21打点、10本塁打。「筒香の前を打つことで、相手は(四球を嫌がり)ストライクで勝負してくるからね」と指揮官は魔法の種明かし。ロペスも「監督は信じて使ってくれる。助けになるよ」と厚い信頼関係を明かす。

 巨人で2年、DeNAで2年目。本塁打も打点も来日最高の記録を更新中だ。「横浜に住んで、いい街だと思った。ここは若い選手と楽しく野球をやっているイメージ。いいチーム。ロッカーでも音楽がガンガンかかってみんなで楽しんでいるよ」。筒香が鳴らすラテン系の音楽。メジャー時代を思い出させる雰囲気に乗り、毎試合気分よく臨んでいる。

 ウオーターシャワーでずぶぬれになったロペスは「冷たい」と漏らしながら「寒くないよ」と笑顔。体と心は燃えている。「あすしっかり戦って、CS出場を決めたい」。好きな横浜、好きな仲間と歓喜を分かち合う。

最終更新:9月19日(月)9時3分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。