ここから本文です

【新日】柴田 NEVER王座満身創痍のV2

東スポWeb 9/19(月) 16:49配信

【新日本プロレス17日=東京・大田区総合体育館大会】NEVER無差別級王者の柴田勝頼(36)はボビー・フィッシュ(39)の挑戦を退け、2度目の防衛に成功した。

 王座戦直前の青森大会(14、15日)を胸椎負傷で緊急欠場。検査の結果、医師のゴーサインが出て復帰が決まったものの、強行出場には変わりなかった。

 そんな状態で8月の米国遠征で黒星を喫したフィッシュを迎え撃った柴田は、序盤からやはり首に集中砲火を浴びて苦戦を強いられた。それでも首と背中の痛みを顧みないヘッドバットを発射。自身の額から出血するほどの強烈な一撃で試合をひっくり返すと、そのままスリーパーホールドに移行する。最後は渾身のPKで激闘を制した。

 非常事態を乗り越えV2に成功した柴田には、フィッシュのパートナーでもあるカイル・オライリー(29)が挑戦表明した。柴田は「次々とやらなきゃいけない相手がいるみたいなんで、しっかりカタつけていきたい」と受諾し、V3戦での激突が決定的。とはいえ超過密日程が続いた肉体は満身創痍だけに、防衛ロードはいばらの道となりそうだ。

最終更新:9/19(月) 16:49

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。