ここから本文です

広島・会沢、CSへ向け上昇! 今季初猛打賞、DeNA・山崎康も打った!

デイリースポーツ 9/19(月) 9:01配信

 「DeNA6-3広島」(18日、横浜スタジアム)

 広島の会沢翼捕手(28)が今季初の猛打賞をマークした。五回に左前適時打、七回にも左前打を放ち、九回は山崎康から右前打。一時同点のお膳立てをした。この日、巨人のCS進出が決まり、DeNAも出場決定が目前。チームはサヨナラで2連敗を喫したが、CSファイナルSで戦う可能性のある敵の守護神に、価値ある一打を見舞った。

 勝負強さを存分に発揮した。勝利への執念、意地を込めた一撃。会沢がDeNAの守護神・山崎康を打ち破り、今季初の猛打賞をマークした。

 「いい形で打てました。後ろに、後ろにつないでいこうという意識で打席に入った。甘い球が来たら積極的にいこうと思っていました」

 振り返った場面は2-3の九回1死一塁だ。初球、外角高めの146キロ直球を芯で捉えた。一、二塁間を破る右前打。西川の同点犠飛につながった。

 1点リードの五回は、無死一、三塁で左前適時打。七回にも1死一塁から左前打を放った。「打ったことよりも、試合に負けた悔しさのほうが大きい。1打席、1打席必死になってやっている」と自身の記録よりも、チームの敗戦に険しい表情を浮かべた。

 15日の巨人戦(マツダ)で、石原が左腕上腕部に死球を受けた。打撃練習や守備など通常通りメニューをこなすが、大事をとって休養。代わって会沢が翌16日の中日戦(同)から3試合連続で「8番・捕手」でスタメンで出場している。

 これまでも緒方監督は「石原に頼り切りでは、うちのチームはダメになってしまう」とそれに代わる正捕手の台頭を課題に挙げている。中でも会沢には「捕手は打つだけではダメだし、今季前半に苦しんだのが、今の結果につながっていると思う。今年はいい勉強になったんじゃないかな」と大きな期待を寄せる。

 この日、ヤクルトが敗れたため、巨人のCS出場が決まり、DeNAも進出も決定的。CSファイナルSで対戦する可能性もある敵の守護神から、九回に1点を奪った意味は大きい。

 最後のチャンスをつかもうと若鯉たちが奮闘する中、1軍に帯同し続ける会沢も思いは同じだ。「先発投手が若い選手が多いですし、彼らも結果を出して自信をつけてほしい。僕も必死になってやっています」。CSファイナルS突破、日本シリーズへ最高の状態で臨む。

最終更新:9/19(月) 9:04

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。