ここから本文です

バンデンハーク復活星でソフトバンク堅首 安定感変わらず7勝目

デイリースポーツ 9月19日(月)9時1分配信

 「ソフトバンク8-5オリックス」(18日、ヤフオクドーム)

 約3カ月半ぶりの1軍マウンドでも、ソフトバンク・バンデンハークの安定感は変わらなかった。「投げられたこと、チームが勝ったことが良かった。今日のマウンドにも満足している」。真っすぐの最速は152キロで、与四球は一つだけ。復帰戦を5月24日以来の白星で飾った。

 「感情をしっかりコントロールしないといけないと思って投げていた」。初回、先頭の糸井に左前打を打たれ、二盗を決められたが、ここから2者連続で空振り三振。宗は真っすぐで、吉田正は150キロ超の直球を3球続けた後、カーブで仕留めた。4番・T-岡田は二ゴロ。高ぶる気持ちを抑え、後続を断った。

 三回に吉田正に適時打を許して1失点。「少し疲れもあった」という六回にも1点を失ったが、打線の効果的な援護もあって“傷口”を最少にとどめた。6回91球で2失点。復帰戦で今季7勝目を挙げた。この日、首脳陣の設定は球数100球未満。5回の想定は6回まで延びた。工藤監督は「良かったんじゃない。球数も少なかったから(投球回も)1回プラスになった」と評価した。

 蓄積疲労などで6月からファームで調整を続けた。「長い旅のように感じる期間もあった」というリハビリを経て復活した。チームのために「自分は何ができるか」を自問自答したという。その答えが、この日の投球だった。

最終更新:9月19日(月)9時4分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]