ここから本文です

ジュエラー収穫11着、馬場合わず…/ローズS

日刊スポーツ 9月19日(月)9時23分配信

<ローズS>◇18日=阪神◇G2◇芝1800メートル◇3歳牝◇出走15頭

 桜花賞馬ジュエラー(牝3、藤岡)は「収穫あり」の11着だった。

 左前脚の骨折から5カ月ぶりの復帰戦。課題の発馬を決め、休養前とは一転して好位からレースを進めた。直線では本来の伸びが見られず、初めて連対を外す大敗を喫したが、悲観の色はない。M・デムーロ騎手は「久しぶりだった。瞬発力のある馬で、この馬場は合わなかった。距離の問題じゃない。次は良くなると思う」と手応えを口にした。本番での逆転を見据えている。藤岡師は「人気だったし、いい勝負をしてほしかった」と前置きしつつ「馬場は大きかったと思う。次が京都の高速馬場で内回りということを考えたらスタートと折り合いが良かっただけで十分」。本番で逆転する。

最終更新:9月19日(月)11時6分

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]