ここから本文です

OracleのエリソンCTO、IaaS注力でAWSに“宣戦布告”

ITmedia エンタープライズ 9/19(月) 18:07配信

 米Oracleの年次イベントとなる「Oracle OpenWorld 2016/JavaOne 2016」が米国時間9月18日、カリフォルニア州サンフランシスコで開幕した。1982年にユーザーカンファレンスとしてスタートし、IT業界最大規模といわれる同イベントに今回は145カ国から約6万人が参加。22日までの4日間で2249のセッションが開かれる。

【その他の画像:AWSに勝つためというOracleのクラウドIaaSの料金】

 Oracle Open Worldは、今年もモスコー二コンベンションセンターを中心に周辺ホテルを含めた複数の会場で開催されている。コンベンションセンター前のハワードストリートを閉鎖し、イベント会場としてパーティーやライブを開くのも例年通りの光景だが、今回は開幕前日の17日夜にニューヨークで発生した爆発事件を受けて、会場内に警察官や警察犬が配備されるなど、やや物々しい雰囲気となった。

●“本当”のクラウド時代の幕開け?

 Open World 2016は、18日夕刻の基調講演からスタート。メインプレゼンターは、同社の顔といえるラリー・エリソン会長兼最高技術責任者(CTO)だ。エリソン氏は、クラウドが新時代のユーティリティコンピューティングをもたらしていると切り出した。

 「クラウド」という言葉がIT業界で使われるように10年近く経つ。もはや日常的な言葉として使われるような状況だが、エリソン氏は企業のIT利用の実態もようやく追いついてきたと指摘する。その理由は、現地時間15日に発表された同社の2017年会計度の第1四半期(2016年6月~8月)決算にあるようだ。

 全社売上高は前年度同期比2%増の約86億ドルだった。このうちクラウド分野の売上高は同59%増の9億6900万ドルで、全社売上高の1割以上を占めるまでになった。一方、ソフトウェアライセンスなどは約10%落ち込み、この分をクラウドの売り上げが補えるようになってきたという。クラウド分野の売上高の内訳は、SaaS/PaaSが同82%増の7億9800万ドル、IaaSは同7%増の1億7100万ドルで、7四半期連続の増収としている。

 こうした実績を背景にエリソン氏は、SaaSやPaaS、IaaSのメインプレーヤーとしてSaleforceやWorkday、AWS、Microsoftの名を挙げ、クラウド市場におけるOracleの“戦い方”を説明。コスト・信頼性・性能・標準・互換性・安全性の6つの軸を重視するサービスの設計に取り組んできたと強調した。

 クラウド事業の戦略として、SaaSではEPRや人材管理(HCM)、顧客関係管理(CRM)の各種サービスの統合化とメニューの拡充を推進するほか、PaaSではデータベースやFusion Middlewareの使いやすさを高めることでオンプレミス環境からクラウドへの移行をうながす。そしてIaaSでは、エリソン氏が最大のライバルとするAWSへの対抗姿勢を強烈に打ち出した。

●「AWS優位の時代が終わる」とエリソン氏

 エリソン氏によれば、同社がSaaS領域で多くの顧客企業獲得に成功し、PaaS領域でも成果を出していることから、クラウドへのシフトを進める当社にとって最後の成長領域となるのがIaaSだという。しかし、IaaS分野では既に多数のITベンダーが参入し、サービスメニューなども差別化が難しいことから、価格競争の様相を呈している。

 エリソン氏は、後発として参入する上での強みがSaaS/PaaS事業の成功を支える同社のサービス提供インフラにあるとし、「高速のネットワーク・高可用性・耐障害性を兼ね備えた第2世代のITインフラを提供する」と述べた。

 OracleのIaaSでは、可用性を高い複数のデータセンター群(同社は「ドメイン」と表現)で構成される「リージョン」を世界各地に配備。リージョン間を毎秒100ギガビット、遅延が100ミリ上未満という高速のネットワークで接続し、サービスを提供している。

 これをベースに、エリソン氏は「AWSに比べて2倍以上の性能を20%安価に提供する。ストレージサービスのI/O性能は11.5倍だ」と力説。さらには、「これでAWS優位と言われる時代は終わりを告げるだろう」とも宣言した。

●ベアメタルサービスやチャットボットも

 エリソン氏の講演では、「IaaS注力宣言」が大きな注目を集めたが、SaaSやPaaSについても継続的な取り組みが多数紹介された。

 SaaSでは、1000社以上が代表的なERPとHCM、CRMを併用しているといい、今事業年度はHCMやCRMのサービススイートをERPへ統合することで、企業における基幹業務の大半をSaaSで一元的に利用していく方針だという。また、2014年から提供する「エンタープライズパフォーマンス管理」(EPM)と呼ばれるサービスは1500社以上が既に導入。新メニューとして公共分野向けERPや損益管理、税務報告などを追加し、既存のサービスにモジュールのように組み入れて利用できる。

 PaaS関連では、月額課金でOracleのハードウェア/ソフトウェア製品を利用できるベアメタルサービス「Cloud@Customer」を提供する。これまではオンプレミスもしくはPaaSサービスの利用だけだったが、Cloud@Customerはその間を補完するという位置付け。料金はPaaSサービスと同額になるという。当初はインフラ、ビッグデータ、Exadataの3つのメニューを用意する。

 Databaseでは、現行版「12c」の最新となるRelease 2を提供する。Release 2ではマルチテナント対応を強化し、Release 1で最大253個だったプラガブル・データベースの管理を一気に4096個にまで引き上げている。2016年末までに、まずPaaSサービスやExdataマシンで順次利用できるようにしていくとしている。

 また、CRM分野などで注目されているチャットボットの開発ツールをクラウドサービスで提供。開発ツールはモバイルライクなユーザーインタフェースを備え、ノンコーディングで顧客と対話するためのロジックを組み込めるという。これをエリソン氏がデモンストレーションし、チャットから名刺印刷を依頼すると、チャットボットが人事データベースを参照して実際の名刺デザインの画像を作成、確認を求める様子に来場者から歓声が上がった。

 エリソン氏は、「これからはミレニアム世代(10、20代の若者)がチャットボットのような新たなアプリケーションを駆使していく時代だ」と語り、業務アプリケーションへの新技術の積極的な採用を呼び掛けた。

最終更新:9/19(月) 18:07

ITmedia エンタープライズ

なぜ今? 首相主導の働き方改革