ここから本文です

クロコスミア鼻差2着、11番人気粘る/ローズS

日刊スポーツ 9月19日(月)9時23分配信

<ローズS>◇18日=阪神◇G2◇芝1800メートル◇3歳牝◇出走15頭

 最内枠に入った11番人気クロコスミア(牝3、西浦)が鼻差2着に逃げ粘った。

 発馬直後から先手を主張し、ゴール寸前まで先頭を死守。ロスのない立ち回りで金星を狙ったが、最後の最後で勝ち馬に差された。西浦師は「ジョッキー(岩田騎手)に任せて内ラチ沿いをうまく走らせた。惜しいなあ、よく頑張った」と悔しがった。

最終更新:9月19日(月)11時4分

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]