ここから本文です

ソウル市が外国語表示板の誤表記訂正へ キャンペーン実施

聯合ニュース 9月19日(月)18時47分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市が外国語表示板の誤表記を正すためのキャンペーンを21日から来月4日まで実施する。

 キャンペーン期間中は、ソウル市が地下鉄駅、バス停留所、文化財などに設置し管理する外国語の表示板や観光案内板の誤表記に関する情報を受け付ける。的確な情報を提供した参加者などには記念品を贈呈する予定だ。

 また、同期間には延世大韓国語学堂の在学生約80人を中心とする英語、中国語、日本語の現場点検団も運営する。観光特区や主要観光地を回りながら外国人観光客が不便を感じる点を探し出し改善する計画だ。

最終更新:9月19日(月)18時57分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。