ここから本文です

2市長選で無投票当選 座間・遠藤氏、伊勢原・高山氏

産経新聞 9月19日(月)7時55分配信

 任期満了に伴う座間市長選が18日告示され、無所属で現職の遠藤三紀夫氏(58)のほかに立候補の届け出がなく、遠藤氏の無投票での3選が決まった。2期目に続いての無投票当選。

 遠藤氏は在日米陸軍キャンプ座間の一部返還の実現や総合病院の誘致などの実績を強調。3期目の公約として新消防庁舎建設、保育の充実を掲げた。

 また、座間市議選(定数22)も同日告示され、現職18人、新人8人の計26人が立候補した。投票は25日に市内22カ所で行われ、即日開票される。17日現在の選挙人名簿登録者数は10万8657人(男5万4847人、女5万3810人)。

 また、任期満了に伴う伊勢原市長選も18日、告示された。無所属で現職の高山松太郎氏(66)=自民、民進、公明推薦=のほかに立候補の届け出がなく、高山氏の無投票での再選が決まった。同市長選が無投票となったのは平成12年以来16年ぶり。

 高山氏は大山地区を中心とした観光振興や財政健全化を推進。2期目は企業誘致による雇用促進や、伊勢原駅北口の開発などを進めるとしている。

                   ◇

 ◇座間市長選

 遠藤(えんどう)三紀夫(みきお) 58 無現〔3〕

 市長(会社役員・市商工会会長)早大

                   ◇

 ◇伊勢原市長選

 高山(たかやま)松太郎(まつたろう) 66 無現〔2〕

 市長(県議・市議)平塚農高 【自】【民】【公】

最終更新:9月19日(月)7時55分

産経新聞