ここから本文です

旗手の上地、4年後へ決意〔パラリンピック〕

時事通信 9月19日(月)8時54分配信

 車いすテニス女子の上地が、開会式に続いて閉会式でも旗手を務めた。各国の国旗が登場する中、大きな日の丸を車いすにつけてゆっくりと入場。落ち着いた様子で大役を果たし、席で見守った日本選手団の仲間と合流した。
 2度目のパラリンピックでは、シングルスで初の表彰台となる銅メダル。しかし目指していた頂点には届かなかった。「金メダルを取るにはどうしたらいいか。気持ちがますます強くなった」と涙を拭っていた22歳。自国開催となる4年後の東京大会に向けて、リオで決意を新たにした。 (時事)

最終更新:9月19日(月)9時0分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。