ここから本文です

益若つばさ 笑顔が苦手な理由を告白「交通事故にあって歯がぐちゃぐちゃに」

東スポWeb 9/19(月) 17:57配信

 モデルの益若つばさ(30)が19日、ツイッターで10代の時の交通事故の影響で「歯がぐちゃぐちゃ」になり、うまく笑えなくなったことを告白した。

 この日朝方、益若は「昔は甘くない少年みたいな顔がコンプレックスで、必死にたれ目にたれ目にってメイクを濃くして誤魔化してた」と若かりしころの悩みをツイートした。

 フォロワーからの「ニコー!って感じより、うっとりとエロっぽい笑顔のがいいのでは」というコメントに、「私は10代の時に交通事故にあって歯がぐちゃぐちゃになっちゃったから笑うのが苦手なの」とつらい過去を告白した。

 周囲の反応に悩んでいたようで「だから笑顔が不自然とかなんで歯出して笑わないのとか言われて私も昔みたいに心から笑いたいよって思うけど、自分なりに考えた結果ニコになったの」と心の葛藤をつぶやいた。

 10年以上通院を続けているといい「まだまだコンプレックスだから今はまだあんまり上手く笑えないけど、いつの日か克服できて気にしなくなれたらとびきりのスマイルを毎日お届けするわ」と前向きな言葉で締めくくった。

最終更新:9/19(月) 18:09

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]