ここから本文です

ゲス川谷が胸中「尊敬に値しない人間かもしれないけど…」

デイリースポーツ 9/19(月) 12:52配信

 タレント・ベッキーとの不倫騒動で話題になったバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音が19日未明、ツイッターに連続投稿して、今の心境を語った。「全く尊敬に値しない人間かもしれないけど俺の音楽を聴いてくれてるみんなには全力で音楽を浴びせ続けるから」と、ミュージシャンとしてメッセージを発信し続けると宣言した。

 「ゲス-」とは別に「indigo la End」としても活動している川谷は、なぜ2つのバンドで音楽活動を続けているかを自問自答。「メンバーみんな俺についてきてくれてるから俺が良い曲書かなきゃ。今日もメンバーといて大好きだなと思った。バンドやってて良かったよ」とつづった。

 ここから、最近の音楽との向き合い方についても言及。「ここ何年か音楽しかやってないし自分が音楽に飲み込まれそうで怖かった。でも、それでも音楽がやりたくてやってる」とし、「1年前と今じゃ音楽の捉え方も違う。これからずっと変わってくと思う。でも音楽は絶対やめない。バンドもやめない」と宣言した。

 1年前という時間が、今年1月に発覚した不倫騒動を示すのか、単なる時間的経過を意味するのかは不明だが、「俺は普段誰にも吐き出さないし相談もしない方なんだけど今日は何かみんなに吐き出したくなった」と連投ツイートをした理由を明かした。「聞いて欲しかった。そういう日もあるよね。全く尊敬に値しない人間かもしれないけど俺の音楽を聴いてくれてるみんなには全力で音楽を浴びせ続けるから」と、ファンに呼びかけた。

 「俺不器用だしさ。気持ち伝えるのも下手なんだわ」とも語り、ミュージシャンとして、音楽にメッセージを詰めたと訴えた川谷。「俺らの本気見せるわ。インディゴも次は凄いよ」と告知し、「絶対音楽は裏切らないから。待ってて。言いたくても言えないことたくさんあったわ。本当に。全部音楽にしたよ。聴いてね。おやすみ」とまとめた。「ゲスの極み乙女。」は11月9日に3rdフルアルバム「達磨林檎」を配信開始、CD盤も12月7日に発売する。

最終更新:9/19(月) 12:54

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革