ここから本文です

【ローズS】ジュエラー11着大敗もミルコは巻き返し宣言

東スポWeb 9/19(月) 19:33配信

 1番人気に支持された樫の女王シンハライトが差し切りVを飾ったGIIローズS(18日=阪神芝外1800メートル)で大敗したのが桜の女王ジュエラー。

 骨折でオークスを回避、桜花賞V以来の実戦。いつもより前のポジションでレースを運んだが、直線で伸びを欠き11着に終わった。

 それでもM・デムーロは「ペースが遅くなると思ってあの位置にいった。瞬発力が持ち味の馬に、今日の馬場は合わなかった。一生懸命走っていたし、距離も全然問題なかった。次は良くなると思うよ」と次走での巻き返しを誓った。

 藤岡調教師も「馬場の影響もあったし、次(秋華賞)は、内回りで高速馬場でのレース。それを考慮すれば次につながる競馬はできた」と、こちらもまったく悲観する様子はない。

 5か月ぶりの実戦を叩かれた次走こそ、桜花賞馬は本当の姿を見せるはずだ。まだ3歳牝馬の“最強”の座は決まってはいない。

最終更新:9/19(月) 19:33

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ