ここから本文です

ホンダ社長「よくやった」=F1

時事通信 9月19日(月)10時18分配信

 【シンガポール時事】18日に決勝があった自動車のF1シリーズ第15戦、シンガポール・グランプリ(GP)で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソ(スペイン)が7位に入賞した。スタート直後の混戦を切り抜け、一時は5番手に浮上。「思わず表彰台も考えたが、自分たちのベストを尽くした。7位でも満足だよ」と冷静な走りを振り返った。

 ホンダの長谷川祐介F1総責任者は「全体的には危なげないレースで、ほぼ実力で取った」と納得。激励に訪れた八郷隆弘社長から「『よくやった』というメッセージも頂いた」と話し、こちらも満足そうだった。 

最終更新:9月19日(月)10時25分

時事通信