ここから本文です

【レディスプレリュード】田辺騎乗タマノブリュネットが重賞初制覇

東スポWeb 9/19(月) 19:56配信

 19日、大井競馬場で行われたJpnII「レディスプレリュード」(ダート1800メートル)は、4番人気のJRAタマノブリュネット(牝4・高柳)が直線外から突き抜けて4度目の挑戦で重賞初制覇。単勝1・3番の断然人気ホワイトフーガは2着同着が精一杯だった。勝ち時計は1分54秒7(重)。

 前走で1000万条件を制したばかりだが「競馬は4度目だが、調教には結構乗っていて、最近は復活の兆しを感じられたし、力を出してくれた」と田辺は会心の表情を浮かべた。

 優先出走権を手に入れたJpnI「JBCレディスクラシック」(11月3日=川崎1600メートル)でも目が離せない存在になった。

★2着=トーコーヴィーナス・大山真騎手「スタートが良かったので思い切って乗った。勝ち馬にかわされたが、しぶとく粘ってくれた」

★2着=ホワイトフーガ・蛯名騎手「前はもっとはじけたが、間が空いていたからね。うまく折り合えたし、1ハロン短くなる次へ収穫はあった」

★4着=ララベル・真島大騎手「1800メートルは少し長い。本番はやれる」

★5着=ブルーチッパー・森泰斗騎手「ダッシュがつかずハナへ行けなかったから、ハミ取りがいまひとつだった」

★7着=タイニーダンサー・内田博騎手「少し重い。これで良くなる」

★11着=サンソヴール・戸崎圭騎手「芝のほうが走りがいい」

最終更新:9/19(月) 20:01

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]