ここから本文です

錦織デ杯初の日本全勝見届け 2週休養し有明Vへ

日刊スポーツ 9月19日(月)9時54分配信

<男子テニス:国別対抗戦デビス杯ワールドグループ・日本-ウクライナ>◇入れ替え戦◇最終日◇18日◇大阪・靱テニスセンター

【写真】西岡は中1日勝、乃木坂西野に「認識してほしい」

 日本がワールドグループ初の5戦全勝で全日程を終えた。エースで世界5位の錦織圭(26=日清食品)は、この日も欠場。3日間の今対戦ではダブルス1試合を戦っただけで、今週から2週間の休養となる。「しっかり充電したい」と、準備万全で10月3日開幕の楽天オープン(東京・有明)で3度目の優勝に挑む。

 今季も「最終目標はロンドン」と、11月13日から始まる年間上位8人が資格のある最終戦ATPツアー・ファイナル出場を目指す。現在、出場レースでは5位。すでにジョコビッチ(セルビア)マリー(英国)バブリンカ(スイス)の3人が確定し、残りは5枠だ。

 加えて自己最高世界4位復帰も視野に入る。現在、4位のナダルと世界ランクの合計点差はわずか65点。しかし、ナダルは、今後、1140点が失効する。錦織の失効点は360点。楽天オープンの結果次第で、4位復帰は目の前だ。楽天の後にはマスターズ上海大会が控え「まずはアジアで頑張りたい」と、活躍を誓った。

最終更新:9月19日(月)11時17分

日刊スポーツ