ここから本文です

青木 今季7度目3安打!来季残留も 首脳陣評価うなぎ上り

スポニチアネックス 9月19日(月)7時1分配信

 ◇ア・リーグ マリナーズ1―2アストロズ(2016年9月17日 シアトル)

 マリナーズの青木宣親外野手(34)が17日(日本時間18日)、アストロズ戦で今季7度目となる3安打を放った。1四球を含め全4打席で出塁したが及ばず、チームは1―2で2連敗してプレーオフ争いからは一歩後退した。ただ、青木は9月の月間打率・387と絶好調。地元紙タコマ・トリビューンは同日付で来季残留となる可能性も出てきたと報じた。シーズンが大詰めを迎える中で、首脳陣や周囲の評価は再浮上している。

 青木らしく快音を響かせ突破口を探った。初回先頭で中前打し、3回2死からは右中間を破る二塁打。6回1死では四球を選び、8回1死は俊足を生かした遊撃内野安打。いずれも走者のいない全4打席で出塁した。ただ、本塁を踏めたのは次打者スミスの二塁打で一気に生還した8回だけ。これがチーム唯一の得点で、プレーオフ争いからは後退した。

 「こういう時もある。でも負けられない試合が続くだけに取りたかった」。手痛い連敗に表情は沈んだ。一方で青木のバットの調子はうなぎ上りだ。今季7度目の3安打で、9月は31打数12安打の打率・387。不振でマイナーでの再調整となった6月22日までは同・245だったが、7月20日に復帰後は同・333と本来の打撃を取り戻した。

 青木は単年契約で、来季契約自動更新となる年間480打席到達も現状では厳しい。それでも後半戦の働きに、17日付の地元紙タコマ・トリビューンは来季残留の可能性を指摘。「青木の復活はチームの来季構想を変えさせようとしている」とし、ジェリー・ディポトGMの「彼の働きは素晴らしい。(17年の)構想から外れたことはない」との談話を紹介した。

 青木自身は「明らかに後半戦は違うと思うし、評価されるのはうれしい。結果を出していなければ、こんな話も出ていない」と冷静に応じ、立ち止まるつもりもない。残り14試合となったが、前日からバットを変更。「ヘッドをもう少し感じたい」と先端を直角に近く切り落とした「角刈りバット」を導入した。独特の見た目に同僚たちも興味津々のバットで、感触も上々。「残り試合少なくてもいいものを求めることは大切。来年にもつながる」と最後の1打席まで全力で振り続ける。

最終更新:9月19日(月)9時45分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]