ここから本文です

<大相撲秋場所>土俵際で力抜いた大翔丸に注意

毎日新聞 9月19日(月)19時30分配信

 日本相撲協会審判部は19日、東前頭8枚目の大翔丸(追手風部屋)に対し、8日目の栃ノ心との取組で力を抜いたとして注意した。大翔丸は栃ノ心に土俵際へ追い込まれ、勝負が決まる前に力を抜いて俵を割った。審判部はこの日、大翔丸を呼び出し、二所ノ関審判部長が「最後まで諦めるな」と注意した。師匠の追手風親方からも注意された大翔丸は「土俵を割ったという感覚があり、自分で勝手に判断した。気持ちを切り替えたい」と話した。

最終更新:9月19日(月)19時56分

毎日新聞