ここから本文です

マラソン道下美里が銀メダル、出遅れも追い上げ

日刊スポーツ 9月19日(月)9時54分配信

<リオ・パラリンピック:陸上>◇18日◇女子マラソン(視覚障害)

 女子マラソン(視覚障害)で道下美里(39=三井住友海上)が銀メダルに輝いた。序盤は出遅れたが、30キロ手前で2位に浮上し、3時間6分52秒でゴール。2人の伴走者と多くの「チーム道下」に支えられ、今大会で初採用の種目で表彰台に立った。

【写真】小さなエース道下美里が初の銀メダル「悔しさも」

 道下の驚異的なピッチは最後まで落ちなかった。ガイドランナーに助けられ、144センチの小さな体で駆け抜けた。スタート直後こそ遅れたが、20キロ手前で3位に上がり、30キロ手前で2位に立った。目標の金メダルこそ逃したが、銀メダル獲得に笑顔をみせた。

 最大の武器は笑顔だった。中2の時に右目を失明し、25歳の時には左目も0・01以下になった。山口県立盲学校に入学し「ダイエット」に走り始めた。マラソン転向で才能が開花。14年の防府マラソンでは非公認ながら2時間59分21秒の当時世界最高で走った。

 道下を支えたのは「チーム道下」だった。毎日の練習は曜日ごとに10人の伴走者と取り組む。メンタル、フィジカルトレーナー、給水サポーター、遠征の資金集めも頼った。「目が見えずに心は落ち込んだけれど無理して笑った。続けていたら人が集まってくれた」。

 リオでは、堀内規生と青山由佳がガイドランナーを務めた。「絆」と呼ぶ42センチの赤いロープを頼りに走った。1分間240のピッチは同じピッチ走法で知られる高橋尚子の200を上回る。さらに大会に備えて歩幅を伸ばす挑戦もした。「仲間と一緒に勝ちたい」と話した道下が、最高のチームメートとともに輝いた。

最終更新:9月19日(月)11時18分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]