ここから本文です

ダル 「人生最良」一転…自己ワーストタイ7失点で5敗目

スポニチアネックス 9月19日(月)7時1分配信

 ◇ア・リーグ レンジャーズ2―11アスレチックス(2016年9月17日 アーリントン)

 レンジャーズのダルビッシュはアスレチックス戦に先発し、5回7安打の自己ワーストタイ7失点で5敗目(5勝)を喫した。初回に今季4本目となる先頭打者アーチを浴び、2回は3者連続四球から3失点。5回にも3ランを許し、最後まで修正できなかった。通算対戦成績の悪いア軍戦はこれで2勝9敗となった。

 「人生で一番良かった」というブルペンが裏目となった。登板3日前の14日の投球練習後にそう手応えを口にし、「マー君(ヤンキース・田中)を“ノーコン”と言えるくらい、そのレベルのコントロールだった」とうなずいていた。だが、この日は試合前のブルペン投球から勝手が違ったという。「凄く良くなくてまずいかなと思った。最終的に(前回の)エンゼルス戦の投球フォームに戻したけど、14日のブルペンが今までの感覚と違いすぎて混乱していたのかな」と首をひねった。

 8試合連続クオリティースタートから一転、9月は3戦2敗で防御率7・47。「自分の問題。良くするしかない」と前を向いた。

最終更新:9月19日(月)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。