ここから本文です

日馬富士キズだらけの1敗死守 千代鳳にお手本説く

日刊スポーツ 9月19日(月)9時54分配信

<大相撲秋場所>◇8日目◇18日◇東京・両国国技館

 横綱昇進後、自身初の2場所連続優勝を狙う横綱日馬富士(32=伊勢ケ浜)が、約2年ぶりの対戦となった西前頭4枚目の千代鳳を上手投げで下し1敗を守った。場所前けがに悩む千代鳳に、幾多のけがを乗り越えている自身の体験を説いていた。その“教え子”に厳しさを教え込んだ。

【写真】豪栄道がただ1人無キズの勝ち越しでカド番を脱出

 強烈な音が鳴っても、日馬富士は1歩も引かなかった。46キロも重い183キロの千代鳳の低い当たりを頭で受け止める。ひるんだのは相手だった。突き押しで起こして右上手を引き付けると、前に出ながらの上手投げで勝負をつけた。「自分の相撲に集中してやりました」と流れに身を任せた。

 14年九州以来の対戦となった千代鳳には場所前、出稽古に赴いた九重部屋で説く姿があった。先場所中に負った右肩肩鎖関節の脱臼で稽古しない姿に、居ても立ってもいられなかった。

 日馬富士 みんなけがしているんだよ。オレなんか左膝の靱帯(じんたい)が切れて、右膝も半月板がボコッと出ている。それでもやるんだ。けがと向き合わなきゃいけないんだ。無理してでもやらないと、やれなくなるぞ。つぶれるぞ。

 単なる文句や説教ではない。敬愛する故千代の富士の愛弟子を思っていた。

 千代鳳 「お前の相撲が好きだよ。上がってきたときの相撲が好きなんだ」と言ってくれました。「今は当たりはいいけど、四つで大きい相撲を取ろうとするから、けがするんだ」と。見てくれている。横綱は優しい。うれしかったです。

 けがを気にせずにできるトレーニングの仕方も教えた横綱は“教え子”に、身をもって覚悟を示した。

 中日を1敗で折り返すのは3場所連続。八角理事長(元横綱北勝海)は「期待に応えてついていっている。1敗は(優勝)範囲内」と言った。白鵬不在の今場所。「体が反応している。よく動いてくれています」と言う横綱の流れに、なっている。【今村健人】

 ★11場所ぶりの横綱戦で日馬富士に敗れた千代鳳の話 やっぱり楽しい。すごいドキドキする。もっともっと自分の持っている力を伝えたい。負けたけど、しっかり立ち合いで当てられた。もっと立て直さないと。

<日馬富士とけが>

 ◆右足首 10年九州直前の秋巡業で右肩を脱臼し、2日目には「右前距腓靱帯(きょひじんたい)損傷」と右足首を痛めた。大関昇進後、初休場。

 ◆右手首、左肘、左足首 猛稽古で痛め、13年末には左足首が悪化。14年初は初土俵以来初めて初日から全休。「靭帯が伸びて切れかけている」。

 ◆右目 14年秋の嘉風戦で負傷。「右眼窩(がんか)内壁骨折」と診断された。右目奥の鼻側の骨が陥没し、かけらも飛散した状態。人工骨を装着する手術を受けると「現役続行は厳しい」ため、手術は回避。

 ◆右肘 15年名古屋前に右肘を3時間手術し、遊離軟骨や骨棘(こっきょく)など計10個の骨を除去。しかし、初日の妙義龍戦で上手投げを放った際に右肘を強打。「右肘外側側副靱帯損傷」で途中休場。秋も全休。

最終更新:9月19日(月)12時56分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]