ここから本文です

リカルジーニョにご褒美〔パラリンピック〕

時事通信 9月19日(月)10時50分配信

 ブラジルの旗手は、5人制サッカー(視覚障害)代表のリカルジーニョだった。「私の人生で最良の瞬間」。母国の観衆に笑顔を振りまいた。
 大きな期待を背負う中、イランとの決勝で決めたゴールが決勝点になった。正式種目になった2004年アテネ大会から4連覇。「地元で金メダルを手にした喜びは、前回とは比べものにならない」。エースに送られた大歓声は、必死に戦い抜いたご褒美だった。(時事)

最終更新:9月19日(月)10時54分

時事通信