ここから本文です

「ゲーム・オブ・スローンズ」2年連続エミー賞作品賞に輝く、「SHERLOCK」も受賞

映画ナタリー 9月19日(月)21時1分配信

第68回エミー賞の授賞式がアメリカ・ロサンゼルスにて現地時間9月18日に開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ドラマ部門では、架空の王国を舞台としたファンタジードラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が2年連続で作品賞に輝き、監督賞と脚本賞も受賞。また主演男優賞には「MR. ROBOT / ミスター・ロボット」のラミ・マレック、主演女優賞には「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」のタチアナ・マズラニーがそれぞれ選ばれた。

リミテッドシリーズ / テレビムービー部門においてはベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンが共演した「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」がテレビムービー作品賞を受賞。元人気アメフト選手の裁判を描く「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」が、リミテッドシリーズ作品賞、主演男優賞、主演女優賞などに輝いた。

コメディシリーズ部門の作品賞は「Veep(原題)」が受賞し、ジュリア・ルイス=ドレイファスの主演女優賞と合わせ2冠に。主演男優賞は「トランスペアレント」のジェフリー・タンバーが勝ち取った。

スターチャンネルでは本日9月19日より「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」のオンエアをスタートし、12月より「ゲーム・オブ・スローンズ」計6章を連続放送する。

第68回エミー賞 主な受賞結果
ドラマシリーズ部門
<作品賞>
「ゲーム・オブ・スローンズ」
<主演男優賞>
ラミ・マレック「MR. ROBOT / ミスター・ロボット」
<主演女優賞>
タチアナ・マズラニー「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」
<助演男優賞>
ベン・メンデルソーン「ブラッドライン」
<助演女優賞>
マギー・スミス「ダウントン・アビー」
<監督賞>
ミゲル・サポチニク「ゲーム・オブ・スローンズ」
<脚本賞>
デイヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス「ゲーム・オブ・スローンズ」

コメディシリーズ部門
<作品賞>
「Veep」
<主演男優賞>
ジェフリー・タンバー「トランスペアレント」
<主演女優賞>
ジュリア・ルイス=ドレイファス「Veep」
<助演男優賞>
ルーイ・アンダーソン「Baskets(原題)」
<助演女優賞>
ケイト・マッキノン「サタデー・ナイト・ライブ」
<監督賞>
ジル・ソロウェイ「トランスペアレント」
<脚本賞>
アジズ・アンサリ、アラン・ヤン「マスター・オブ・ゼロ」

リミテッドシリーズ / テレビムービー部門
<リミテッドシリーズ作品賞>
「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」
<テレビムービー作品賞>
「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」
<主演男優賞>
コートニー・B・ヴァンス「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」
<主演女優賞>
サラ・ポールソン「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」
<助演男優賞>
スターリング・K・ブラウン「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」
<助演女優賞>
レジーナ・キング「アメリカン・クライム」
<監督賞>
スサンネ・ビア「ナイト・マネジャー」
<脚本賞>
D・V・デヴィンセンティス「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」

アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件
スターチャンネル 2016年9月19日(月・祝)より放送開始

ゲーム・オブ・スローンズ
スターチャンネル 2016年12月より計6章を連続放送

最終更新:9月19日(月)21時1分

映画ナタリー