ここから本文です

<吃音>全国大会が閉幕…理解呼びかけ

毎日新聞 9月19日(月)20時3分配信

 埼玉県伊奈町で3日間の日程で開かれていた「吃音(きつおん)ワークショップ2016in埼玉」(埼玉言友会など主催)は19日、閉幕した。言葉が出にくい吃音を抱える当事者が全国から集い、吃音への理解を呼びかける場となった。

 最終日は、当事者団体の今後の方向性などを議論。主催団体のNPO法人全国言友会連絡協議会(全言連)の南孝輔理事長が「吃音の存在を社会に認めてもらう活動をしながら、さまざまな意見をもつ仲間を認め合い、ともに発展していきたい」と呼びかけた。吃音のシンガー・ソングライター、清水裕治さんのコンサートもあった。

最終更新:9月19日(月)22時55分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。