ここから本文です

パラ閉会式「東京は夜の七時」に感激の声 ピチカート野宮も「嬉しい」

デイリースポーツ 9/19(月) 14:48配信

 リオデジャネイロパラリンピックの閉会式が18日、行われた。次大会の東京パラリンピックのプレゼンテーションも行われ、日本では音楽にピチカート・ファイヴの「東京は夜の七時」がつかわれたことがネット上で話題になっている。

【写真】ピーコが辛口批評した小池都知事の和服姿

 プレゼンテーションでは、64年の東京大会の模様が冒頭に流された。2020年東京大会のコピーになっている障害を前向きに捉えるように意識改革をする「POSITIVE SWITCH」をテーマに、義足のモデルGIMICOや片足のプロダンサー・大前光市らがパフォーマンスを披露。そのバックに流されていたのが「東京は夜の七時」だった。

 93年にリリースされた楽曲で、「ウゴウゴルーガ2号」(フジテレビ系)のオープニングテーマにも用いられていた。今回はオリジナルのピチカート・ファイヴ・野宮真貴のボーカルではなく、ミュージシャンの浮雲(長岡亮介)が歌うカバー「東京は夜の七時-リオは朝の七時-」というバージョンで流された。

 「23年たっても色褪せてない」「何度見ても泣ける」といった楽曲や演出を絶賛する声が続出。原曲を歌った野宮真貴も自身のブログで「リオパラリンピック閉会式で“東京は夜の七時”が流れた~♪なんだかパラリンピックに参加出来たようで嬉しい気持ちです!」と感激した様子だった。

最終更新:9/19(月) 16:30

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]